とある雑誌で、バレーボール解説者の大山加奈さんのインタビュー記事を読みました。

大山加奈さんは、現在バレーボールの解説者をされていますが、アテネオリンピックの日本代表選手でした。
オリンピックで活躍するほどスゴい方の中学時代。とても気になりますね。

大山加奈さんの中学時代は、バレーボール一色の毎日だったそうですが、日本一のバレーボール選手になるためには「なにか足りない」と感じていたそうです。

その頃の大山加奈さんは家の手伝いをするでもなく、学校の授業も真面目に聞くでもなく、バレーボールを頑張っているという「ひとつのこと」を頑張っていることを言い訳に他のことを適当にしていたそうです。

大山加奈さんの言葉を抜粋しますと、
「得意なことがあるからといって、他のことをおろそかにしてよい訳ではありません。それに気づいてからは、授業をちゃんと聞いたり、できるだけ家の手伝いをしたりして、中学生なら誰もが当たり前にやっていることを、当たり前にやるよう心がけました。」

1つ得意なことがある大山加奈さんでさえ、他のことも一生懸命にやるようにしたんですね。さらに、

「身の周りのこと全てに真摯に取り組む姿勢は、他の人にも伝わるのでしょう。それからは、応援してくれる人も少しずつ増えていき、中学校でも全国制覇を達成しました。」

得意なこと・家の手伝い・学校の勉強、今自分に用意された全てに全力で取り組む姿勢は、周りの人の気持ちも良いように動かします。

何事にも全力で取り組んでいると、いつの間にか自分を応援してくれる人が一人、二人と増えていくのです。

この事に中学生で気づけた大山加奈さんは、夢を叶えて成功しています。

この記事をみた中学生のあなたも、もちろん小学生のあなたも、今自分に用意されたこと(習い事、家の手伝い、学校の勉強)に全力で取り組んでみてはいかがでしょうか。

夢を叶えて、幸せに生きる一番の近道です。