先日、効果的な自習と、ほぼ意味のない自習の違いについて述べました。

その中で、「各教科における自分の弱点を知らないのは、絶対的な勉強量が少なすぎです。」と述べました。

では、各教科における自分の弱点を知るには、どうしたら良いのか?

とても簡単です。

中学一年の範囲から、一通りテキストを解く。

「中学一年の範囲から、一通りテキストをやり直す」と言いたい(書きたい)ところですが、各教科における自分の弱点を知らない子は、テキストを一度も解いたことがない子に多いです。

なので、一度最初から問題集を解いてみることがファーストステップとなります。

ここで勘違いしてほしくないのが、ファーストステップ=勉強、ではありません。

最初から問題集を解いて採点してみることで得られるのは、得点する力ではなく、「今の実力を知る」ことだけです。

しかし、今の実力を知らなければ、今やるべき課題を見つけることが出来ないので、直接的に成績をあげることはできませんが、
「成績をあげるためには必ずやらなければならないこと」であります。

各教科における自分の弱点を知ることは、成績を上げるために必ずやらなければならないことです。

今回のテーマである「各教科における自分の弱点を見つける」ためにすべきこと。単純でありながら、行動にうつすことの難しさ。
(実際には、難しさと言うよりは、決意の固さ、ですかね。)

まず中1のテキストを最初から現在のテキストに至るまで







よ。

以上です。