小学生の算数クラスを見ていて思うことを書きます。

まず、文章を読んで式に落とし込む。俗に言う文章題。
ここからつまずいている子どもたちがいます。

これは、何度も繰り返して問題に慣れていくことで解決されることが多いです。

学校で一回、算数の宿題で一回、ここまでで二回繰り返したことになります。

結論から言います。二回では足りないです。

二回では足りないので塾でまた文章題を解く。
塾では三回、四回、理解度によってはもっと多くの回数を繰り返します。

分数、小数が出てきます。
小学生の分数でつまずく子は、多いように思います。
小学生のうちから分数たるものなんなのか、どういう意味なのかをしっかり理解していると、中学に入ったときスムーズに学習を進めていけるのですが、
中学の数学で成績に伸び悩む子は、小学生のころにつまずいているパターンが非常に多いです。

分数の勉強でも、学校で一回、算数の宿題で一回、ここまでで合計二回しか学習できないわけです。

大事なことは、繰り返し学習することです。
何度もえんぴつを動かし学習していくうちに、分数ってこういうことなんだ!と理解できていきます。

小学生のうちに習う基本的な算数は、分数なんかは特にケーキのカットとか「絵」で表すことができますから
分数+分数の数式も、「絵」として浮かんでくるようになります。

これは、塾で繰り返し学習している努力の賜物です。素晴らしいですね。

このように、算数でも、どの教科もそうですが、繰り返し学習していくことが学力アップの秘訣、方法です。