中学生がスマホを「みんな持ってる」と言う。

中学生にスマホが必要かどうかは賛否が分かれる問題ですね。まだ人間関係の範囲から見ても中学生にスマホが必要とは思えないという意見もあるし、仲の良い友達がスマホを持っていたら自分の子どもにだけスマホを禁止するのは仲間外れになって可哀想な気もするし。

中学生にとってスマホが必要かどうか親として悩むのは、受験勉強に差し支えるという理由があるからではないでしょうか。

中学生になると、塾のクラスでもスマホを持っている中学生がほとんどです。全員ではないにせよ、ほとんどの中学生がスマホを持っています。

子どもが「みんな持ってる」というときの「みんな」の定義については注意深く観察したほうがいいのですが、最近の中学生は確かにみんなスマホを持っているかもしれません。

中学生にスマホが必要かどうか

中学生の子どもにとってスマホが必要かと言われれば、スマホの捉え方によるでしょう。スマホを連絡手段としてとらえるならば、中学生にもスマホは必要かもしれません。
今時、公衆電話を探すのにも一苦労しますし、親に連絡を取りたい時もあるでしょう。中学生はまだ子どもですから、いつでも親に頼りたいし、一般的にはいつでも頼れるものです。親への緊急連絡手段として、スマホは必要なものかもしれません。
また、親にとっても中学生の子どもといつでも連絡が取れるという環境は安心感をもたらします。中学生になると門限も少し遅くなる子もいるでしょうし、習い事が終わるのも遅い時間になってきます。なんの連絡もなしに帰宅時間が遅いと心配になりますが、スマホでいつでも連絡が取れる状態であれば安心かもしれません。

中学生にとってのスマホ

中学生にとってスマホを連絡手段だととらえた場合には必要なものかもしれませんが、スマホは連絡手段であるとともにエンターテイメントの要素も含む機械です。
また、高額の機械なので、中学生の子どもに持たせるには高額ゆえのトラブルについても危惧することでしょう。

スマホをエンターテイメントの機械だと捉えた場合に、親として心配なのが受験への影響です。エンターテイメントの要素が強い便利なスマホを与えてしまっては、スマホに魅了されて受験勉強がおろそかになるのではないかという心配が付きまといます。

しかし、スマホに遊びの要素があるからといって、その遊びをうまく気分転換に取り入れられる子どもがいることも確かな事実です。スマホの遊び要素に魅了されてしまって勉強がおろそかになる中学生もいるでしょう。しかし、その一見無駄な時間がその子どもにとって反省の機会になれば、スマホをうまく気分転換に使える良いきっかけになるかもしれません。

中学生にスマホを持たせるときの心構え

中学生の子どもにスマホを持たせることは、時代の流れ上ある程度心を広く構えておくことが必要でしょう。スマホで遊ぶ時もあるでしょう。サイトをのぞく時もあるでしょう。

スマホを与えたがばっかりに勉強時間がなくなったと考えるのは、少し待ってください。一時的にスマホで遊んでしまって勉強時間が少なくなることは誰しもあるでしょう。しかし、それが断続的ではないはずです。中学生になれば、テストの点が悪いと自分にとって都合が悪いということは頭ではわかっているからです。スマホによって勉強時間を少なくしてしまったことは中学生の子ども自身が一番感じているはずです。

もし、スマホによって勉強時間が確保されない状況が続くようであれば、それはスマホの責任というより、中学生本人が自分の目標を具体的に描けていない可能性が高いです。具体的な目標があれば、必ず軌道修正しますし、目標がなく「どうでもいい」と思っている場合は軌道修正しません。中学生にもなると、親や先生が勉強を強制したところで勉強するようにはなりません。自分の意思で勉強時間を確保するほかに勉強時間を確保する手立てはありません。

スマホを持とうが持たまいが、目標が明確な中学生は勉強します。勉強しなさ!と言ってもしないのは、中学生ではよくあることで、勉強について強制するよりも、もう一度その子の目標を明確にすべく話し合いの時間を作ってあげることが望ましいでしょう。