勉強だけがすべてじゃない。
でも、中学生のうちに勉強しないまま、点数がヤバいままだと、ヤバい事になる。

勉強しないと、どんなヤバい事になるのか?

それは、選択肢がなくなるというヤバさだ。

勉強しないと

  • どんどんついていけなくなる
  • 勉強が嫌になる
  • 点数低いまま
  • 行きたい高校に行けなくなる
  • 進学先の選択肢がなくなる
  • 勉強すれば能力は高いかもしれないのに、本来の能力を発揮できない
  • 勉強しないまま高校に入ると、周囲とのレベルが違うため、話が合わなくなる
  • 高校3年間は青春なのに、レベルが違う学校だと友達ができにくく、青春を謳歌できなくなる
  • 中学のときにちゃんと勉強しておけばよかったと後悔しても、もう遅い。

こんなことになりかねない。

高校生活の3年間は、人生の中で3番目に楽しい時期だ。その3番目に楽しい時期を、後悔しないで楽しみ切るために、今しかできないことがある。

それが、勉強だ。

勉強はしたくないけど、点数が低いのはヤバいと感じているならまだ間に合う。
何のために勉強するのか、ちょっと考えてみてほしい。

勉強する意味を自分で理解していないと、勉強は単なる苦行でしかない。
勉強は、苦行じゃない。

自分の選択肢を増やすためにするのだ。

人生の選択肢が多いと、どんなメリットがあるのか。

人生の選択肢が多いというのは、人生を自分で選ぶ、人間らしさを手に入れることができる。
例えば、「今日の晩ご飯は梅干しおにぎりだけやで」という言われて梅干しおにぎりを食べるのと、「今日の晩ご飯は、すき焼きか、焼き肉か、パスタか、寿司も選べるけど、どうする?」と言われたうえで、「ちょっと胃が重いから梅干しおにぎり食べたいわ」というのと、どちらの人生がいいだろうか。

前者ならば
「梅干しだけかよ」と不満の気持ちでいっぱいになるかもしれない。
後者ならば
「梅干しおいしい・・」と感謝の気持ちでいっぱいになることだろう。

不満でいっぱいの人生じゃなく、感謝でいっぱいの人生を選んでほしい。

だから、人生に選択肢は必要なのだ。

  • 中学の勉強は中学生のうちにしかできない
  • 高校は通過点でしかない
  • 高校は最終ゴールではない

高校卒業後にどうなりたいか?

高校卒業後すぐではなくても、どんなライフスタイルで生きたいかを考えたほうがいい。
いずれ、人は働くことに人生のほとんどの時間を費やすことになる。

どんな働き方をしたいか、少し考えてみてほしい。

すぐ働きたい

何のために働く?
お金で何をしたい?
どんな仕事?
そこにワクワクはある?

すぐ働きたくない

なぜ働きたくない?
しんどいと思うのはなぜ?
しんどくない働き方ってどんなの?
楽しく働いている大人に会ったほうがいい。
高校選びに選択肢がない子は、将来の職業にも選択肢が少ない傾向にある。
少しでも選択肢を増やして、ワクワクするほうを選べる人生を歩んでほしい。

もっと勉強したい

どんな仕事をしたいかが明確な場合は、心配ない。
このまま頑張れ。応援している。