小学生

いい高校に行くために小学生からできること

いい高校って?

いい高校に行くために、できる限りのことをしてあげたいというのは、子どものことを思うすべての親が思うことでしょう。
では、いい高校とは何なのでしょうか。

  • 偏差値がいい高校
  • 大学の進学率がいい高校
  • 学校の理念がいい高校
  • 立地がいい高校
  • クラブ活動の戦績がいい高校

人によって、いい高校の価値観は違います。

しかし、どの「いい高校」であれ、いい高校に選ばれる(=選抜試験に合格する)ことが必要になります。

高校受験をするときに、「いい高校だな、この高校に行きたいな」と思ったときに困らないように、小学生のうちから準備が必要です。

多くの人が目指す、いい高校

岸和田から人気の高校は

  • 三国ヶ丘高校
  • 岸和田高校
  • 和泉高校
  • 鳳高校

やはり偏差値の高い高校は保護者の方にとっていい高校という印象があります。
高校の偏差値が高ければ、大学への進学率も高く、進学率がいい高校ですね。

三国ヶ丘高校は、学区内では一番偏差値の高い高校です。
三国ヶ丘高校に行くには、実力が高いことももちろん、公立高校なので内申点も高くなければいけません。
三国ヶ丘高校から難関大学へ進学する先輩たちも多くいるので、憧れの高校です。

いい高校に行くためには?

子どもにとってのいい高校は、小学生のうちにはまだ明確にはわからないかもしれません。
小学生のころには、入学試験の偏差値が高い高校をいい高校と定義づける方が多いのですが、偏差値が高い高校に行くためには当然学力が必要になってきます。

小学生のうちから勉強、と聞くと、まだ早いような気がするかもしれません。
しかし、小学生の勉強というのは基礎的な学力をつけるためのとても大切な勉強です。

いい高校に行くためには、実力をつけるとともに、内申点も高くなければいけないので、小学生のうちからコツコツ頑張るという姿勢を身に付けることが必要です。

小学生のうちからできること

いい高校に行くために、小学生のうちから難しい勉強をしろというのではありません。
小学生には小学生なりの勉強の進め方があります。

また、小学生から勉強というものをスタートさせれば高校受験まで時間があるので、勉強の習慣づけをすることも可能です。
早くから始めるというのは、一足先に走り出すようなものです。

小学生のうちから走り出す(=勉強を始める)というのは良い教育と言えるでしょう。