三国ヶ丘高校とは?

大阪府堺市にある三国ヶ丘高校。学区内で最も偏差値の高い公立高校です。
普通科と文理科があり、文理科が特進コースになっています。

三国ヶ丘高校といえば昔からトップクラスの公立高校なので、卒業生の多くは難関大学に進学していますね。三国ヶ丘高校出身の有名人といえば、フリーアナウンサーの川田裕美さんも三国ヶ丘高校の出身です。

三国ヶ丘高校に合格する子の共通点

三国ヶ丘高校に行くためには、学力が必要です。学区内トップの公立高校なので偏差値も高く人気の高校です。

三国ヶ丘高校に合格する子には共通点があります。
それは、机に向かって勉強できること。

当たり前のように聞こえるかもしれません。しかし、勉強の習慣がない子にとって、一定の時間を机に向かって勉強するということは難しい事なのです。

一定時間、机に向かって勉強できるというのは一種の習慣です。勉強の習慣というのは、何かの公式のように受験の直前になっていきなり身に付くものではありません。

  • 小学生のころから宿題をする習慣
  • わからないところを1つずつ解決していく習慣
  • ひとつの事を根気よく続けている

三国ヶ丘高校に合格する子たちは、方法は違えども目の前のことに真剣に取り組むという習慣が身に付いています。

三国ヶ丘高校に行くために今日からできる事

今、社会全体的に偏差値至上主義ではありません。
偏差値が高い=エライ というのは、違うでしょう。

でも、偏差値を上げるために目の前の課題(学生ならば勉強)に真剣に取り組むことで、自立する力が身に付きます。

目の前に用意されたことに一生けんめいになれる力は、社会人になってからも必ず役に立ちます。

  • 学校から出された宿題をきちんとやっていくこと
  • なにそれ?と思ったことを解決していくこと
  • 習い事をしているなら一生懸命やること

今日から「何にでも一生懸命に取り組む」ということをやっていきましょう。
今目の前に用意されていることに真剣に取り組むことで、受験勉強にも良い影響があります。

高校受験で三国ヶ丘高校を志望しなかったら?

小学生のうちから、目の前に用意されたことを一生懸命にやるということをして、いざ高校受験のときに三国ヶ丘高校を志望しなかったとしましょう。

高校受験の時になって、他の高校を見て、校風に魅力を感じるかもしれないし、課外活動などに魅力を感じるかもしれません。

何にでも真剣に取り組む我が子が選んだ道なら、どんな道でも応援したくなると思いませんか?

小学生のころから、「一生懸命にやる」という力をつけた子どもは、きっと一番良い選択ができることでしょう。